ファクタリングとでんさい(電子記録債権)の違いは?不渡りで取引停止?

ファクタリングとでんさい(電子記録債権)の違いは?不渡りで取引停止?

ファクタリング、でんさい、電子記録債権。

 

どう違うのかわかりにくいですよね。

 

以下では、ファクタリング、でんさい、電子記録債権の違いと、不渡りになった場合の取引停止について、ご説明させていただきますね。


でんさい(電子記録債権)とは?

 

電子記録債権は、手形や売掛金債権などを電子化したもの
と思っている方もいるようですが、根本的に違います^^;

 

 

電子記録債権は、手形や売掛債権の問題点を解消した
新たな金銭債権として誕生しました。

 

※でんさいは、電子記録債権の略称です。

 

どういうことかというと、
手形は「紙」ベースであるがゆえの課題がありました。

 

手形の課題点

作成・交付・保管にコストがかかる

紛失・盗難、火災などでの消失リスクがある

分割することができない

 

また、売掛金債権にも次のような課題があります。

 

売掛金債権の課題点

譲渡対象債権が存在しない、または二重譲渡される危険性

譲渡するためには債務者への通知が必須

 

 

こうした課題点を、電子記録債権にして、
電子債権記録機関を通じてネットワーク化することで
スッキリ解消することができたんですね。

 

 

でんさい(電子記録債権)にして課題がスッキリ改善

電子データ送受信で済むので作成・交付・保管がラク
記録機関の記録原簿で一元管理なので消失の心配なし
分割することができる
電子記録によって債権の存在や帰属先が明確
債権の帰属先は電子記録で確認できるので通知は不要

 

 

でんさい(電子記録債権)は、
電子記録債権の登記所ともいえる電子債権記録機関を通じて
主にネットでアクセスでき、様々な金融機関で利用可能です。

 

 

でんさい(電子記録債権)は「手形」のまま。不渡りもありうる

 

でんさい(電子記録債権)は、決済方法・管理方法としては
新しく誕生したものですが、考え方自体は従来の手形のままです。

 

 

ですから、売掛先が不渡りを出した場合には支払不能となります。、
売掛金が保証されるわけでもありません。

 

 

これは従来の手形の考え方そのままですよね。

 

でんさいは、電子化されても手形のまま。不渡りが無くなるわけでも
支払不能になるリスクが軽減するわけでもないので注意してください。

 

 

ファクタリングとでんさい(電子記録債権)で何が違うの?

 

一方、ファクタリングとでんさい(電子記録債権)は
どう違うのかというと・・・

 

 

ファクタリングは、ファクタリング業者が売掛金債権を
買い取って、その対価を支払った時点で取引完了しています。

 

 

ですから・・・

 

もし売掛先が倒産なので回収できなくなっても
ファクタリング業者がそのリスクを負います。

 

※ここでは2社間のファクタリングを想定しています。

 

 金融機関による3社間ファクタリングの場合には、
 償還請求権ありで、一部保証となることがあります。

 

 

つまり、一番大きな違いは、次の点です。

 

・でんさい
  不渡り時には取引不能・支払い不能のリスクあり

 

・ファクタリング
  すでに前払いで受け取った売却代金は、売掛先が倒産しても
  影響を受けない。

 

 

このように、でんさい(電子記録債権)の導入によって
手形や売掛金債権は決済面や管理面でかなり便利になりました。

 

 

ただ、もとの性質は変わっていないので
でんさいとファクタリングはうまく使い分ける必要がありますよ^^

 


個人事業主の方!こちらのファクタリング会社も支持多数です

 

 


資金繰りに悩まれている経営者のあなたへ



当サイトの記事をご覧いただきましてありがとうございます。


お役に立てる記事はございましたでしょうか?



当サイトのコンセプト。


それは、ファクタリングに関する正しい知識を
身につけていただいて、悪徳業者や詐欺に騙される
被害者を無くしたいということです。



資金繰りに悩む経営者や個人事業主の方を
食い物にする悪徳ファクタリング業者は許せません。



しかし、ファクタリングは、まだ日本ではメジャーな資金調達方法ではないからこそ、悪徳業者が紛れている可能性は十分にあるのです。


だからこそ、きちんと実績のあるファクタリング業者を
選定する必要があるんです。



かつて、私も資金繰りに悩んでいたときに、
ネットでファクタリング業者を自分で探したこともありましたが、
時間ばかりかかって、どこが良いファクタリング業者なのか判断できませんでした。



悪徳業者に騙されずに、最適な優良ファクタリング業者を選ぶために


そんな経験から、私がオススメし続けているのが・・・


安全なファクタリング業者を専門家が紹介してくれる
無料サービスを利用して、最適な業者を探す方法です。


といっても、どんな情報サイトの紹介サービスでも
良いわけではありません。


次の条件をすべて満たす「ファクタリング業者紹介サービス」を探しましょう!


提携事業者数が国内最多の1,000社以上

申込者の資金繰り改善率が90%以上のサポート実績
全国対応で国内どの地域でもサポート可能
「専門家・士業」との連携して最適なな資金調達方法を提案できる
資金調達可能か、簡単かつ無料で診断してくれる

上記のように、実績とネットワーク、簡便性を満たしていれば
あなたの経営状態に最適なファクタリング会社を紹介してくれます^^



結局、どこからファクタリングを申し込めば良いのか?


私が最もオススメする、上記の条件を満たす
優良なファクタリング業者の無料紹介サービスはこちら。


ファクタリングの資金調達プロ



実際、この「資金調達プロ」という無料紹介サービスを、
経営者の友人に教えてもらったのがきっかけで、
当時の私は資金繰りの悩みから救われることになりました。


おかげさまで今は事業も軌道に乗り、順調に拡大していっています。



当時、私が安心できた理由は、「圧倒的な実績」でした。
・利用事業者数は10,000社以上で、国内最多の提携事業者数
・資金繰りの改善率は93%という実績
・日本全国どこでも対応しており、日本最大級のサポート体制
・公認会計士や財務コンサルタントなどの資金調達の専門家と多数提携
・資金調達が可能か、10秒の入力で診断してくれる無料サービスがある

※もちろん無料で利用できるサービスですよ^^



いかがでしょうか。


上記のように、実績とネットワーク、簡便性を満たしている紹介サービスなら
安心してファクタリング業者を探すことができますよね。



資金繰りの専門家が、公認会計士など士業の方と連携しながら、
あなたの経営状態に最適なファクタリング会社を紹介してくれるんです。



しかも無料で。



資金繰りに悩む、経営者・個人事業主である我々にとって、
すごく魅力的なサービスだと思いませんか?



10秒で完了できる無料診断だけでもやってみてはいかがでしょうか?


そうは言っても、
初めてファクタリングを利用される方は不安を持たれるお気持ちも分かります。


私も最初、ファクタリングなんて悪徳業者に騙されるんじゃないかと不安でしたから。



であれば、10秒の簡単入力で無料診断ができますから、
まずは無料診断だけでも確認してみてはいかがでしょうか。



最適なファクタリング業者はどこなのか?

どれくらいの金額の運転資金が調達できるのか?

必要な手数料はいくらなのか?

即日で現金化できるのか?


たった10秒のカンタン入力でこれだけのことが分かれば、
かなり不安な点も解消されるのではないでしょうか?



下記に、公式のホームページのリンクをご用意しておきますので
良かったら10秒無料診断サービスをやってみてくださいね^^




ちなみに、入力項目は、
希望金額、都道府県、翌月の売掛金規模
と社名・連絡先くらいで簡単に入力できますよ。



【注意事項】

ファクタリングには100万円以上の売掛金が必要です。


また、資金調達プロサポートセンターより、
ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので
資金調達の件をご相談してみてくださいね^^


私の時も、非常に懇切丁寧なスタッフが
親身に聞いてくれるので安心感が持てましたよ。



最後に・・・


ネットや電話で自分でやみくもにファクタリング業者を探すのではなく、
ファクタリング業者を専門家が紹介してくれる無料サービスを上手に利用して
納得できる資金調達をしてくださいね^^



そして、資金繰りの悩みから解放されて、事業が拡大・飛躍されることを祈って、
今後もお役に立てる情報を発信してまいります。


 
トップ 無料紹介サービス 10秒カンタン無料診断 簡単でわかりやすい動画解説